« 2015年2月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年3月

2015.3.20-23 沖縄旅行 その2

2015.3.21

P3210469

P3210471

翌日の朝食はホテル内のオールスタービュッフェにて。

こちらの朝食はトリップアドバイザー「2014 朝食がおいしいホテルランキング」20位にランクインしたそうです。

洋食会場と和食会場に分かれていて、私達は洋食会場の方にしました。

P3210466

 

パンケーキの上にのっているバターはシークヮーサーバターで、バターにシークヮーサーの爽やかな香りと酸味が加わっていますgood

バターは他にも紫色をした紅芋バターやトロピカルフルーツを練り込んだバターなど4種類ほど置かれていました。

確かに朝食はまずまず美味しいけれど、それほど特別感はなく、なぜトリップアドバイザーで高く評価されたんだろうと不思議に思っていると、実は和食会場の方に凝ったメニューがあることに気づきました。

オムレツなどの卵料理を作ってくれるコーナーはもちろんのこと、エッグベネディクトを作るコーナー、パフェを作るコーナー、沖縄の野菜やフルーツを組み合わせて作るミックス炭酸ジュースコーナーなどなど。

海鮮丼などもあるようでしたが・・・

しまったー、もうお腹に入らないshock

後ろ髪を引かれる思いで後日のお楽しみにまわしました。

 

昨年のお正月にも沖縄のこの辺りへは来ているので、観光地はほぼまわってしまいました。

あまり目新しさはないものの世界遺産の座喜味城跡へ。

P3210477

座喜味城は15世紀初頭に建てられたそうです。

石積みの城壁だけ残っています。

緑の芝生とグレーの城壁のコントラストが美しく、風も吹きぬける気持ちの良い場所です。

P3210481

P3210482

P3210496_2 

 

残波岬近くにあるカフェ、残波邸へ。

海沿いに建つ自宅をカフェとして週末のみ解放しているそうです。

狭い道をそろそろ進むと急坂の下の駐車場が見えてきます。

P3210509

 

お店のドアが閉まっていたので、ブザーを鳴らしたところ御主人が出てきました。

P3210508_2

 

個人経営のお店なので、事前予約した方がよかったようです。

でも外のテラス席なら空いているとの事だったのでそちらを利用させてもらうことにしました。

 

お店のホームページでは真っ青な海の色に染まったような素敵なカフェの写真が載っていましたが、残念ながら今日は曇天で海があまりきれいに見えませんでした。

P3210500

P3210501

 

下の海では海藻なのか何かを採取している人の姿が見えました。

運が良ければ冬場、クジラが見えることもあるそうです。

 

注文したのはエスプレッソチーズケーキと抹茶プリン。

P3210503

P3210504

 

そしてホームページ情報によると、こちらにはにゃんこの店長さんがいるのです!

店内いろいろ見回してみましたが見つからず・・・、お会いするのは諦めていましたが、なんと最後お会計するときに足元に丸くなっている店長を発見しました~heart04

P3210506

ちゃんとお店の片隅で店長としての役割を全うしていましたlovely

 

近くの残波岬に寄りました。

雲が重く垂れこめていて風が強くて肌寒いし、テンション下がる~down

P3210510

P3210512_2

P3210516

こんな中でも楽しそうに写真撮影しているウエディングドレス姿の花嫁花婿カップルがふた組ほどいました。

言葉からするとひと組は韓国人のようでした。

 

帰りがけに美浜アメリカンビレッジへ寄ってみました。

アメリカンな飲食店や古着屋が建ち並び、ボーリング場やイオンなどもある一大ショッピングモールのようになっていました。

今やすっかり見かけなくなったファミレス、レッドロブスターもありました。

ふと「ロブスター食べたい!」と思いましたが、夕飯が食べられなくなるので自重。

 

人形の目、ことごとく悪ガキにもぎとられているし・・・coldsweats01

P3210520

P3210521

P3210519

 

ホテルに戻り、今日の夕食は琉紅華(りゅうびんか)へ。

和食レストランです。

 

泡盛の利き酒セットと前菜を注文。

P3210523

P3210524

P3210522 

前菜には島らっきょうの天ぷら、近海で獲れたマグロの漬け、豆腐よう、スクガラス豆腐など沖縄料理や食材が使われています。

泡盛がすすむ~happy01heart04

 

グルクンのから揚げに島らっきょうの天ぷら。

P3210525

グルクンは沖縄の県魚で、こちらではよく食べられている魚です。

ぱりっと揚がっていて、頭までぽりぽり食べられます。

 

もとぶ牛のステーキ。脂がのっています。

わさびをちょこんとつけて、辛味をきかせて食べるのがいいです。

P3210526

 

握りずしで〆。

P3210527

量もちょうどよく、寿司もステーキもと贅沢な夜でした。

味はどれも美味しかったです。

P3210528

2015.3.20-23 沖縄旅行 その1

2015.3.20

沖縄にきています。

にゃひどらさんが花粉症で、毎年この時期は花粉からの逃避行をしています。

三泊四日の短い日程ですが、藁をもつかむ思いで。

今回はオキナワマリオットリゾート&スパに滞在。

2015年4月に10周年を迎えるそうで、お得なプランがあったこと、レストランの評判がよかったのでこちらにしました。

 

空港でレンタカーを借り、本島を南下してひめゆりの塔を見学。

P3200429

沖縄へは何度か来ているのですが、ひめゆりの塔はまだ行ったことがありませんでした。

戦争の犠牲になって亡くなった女学生たちの写真、手記、遺品などが残されています。

 

ひめゆり部隊のうち生き残った人たちは、「なぜ自分だけ生き残ってしまったのか。」と罪悪感にかられ、あまりにも悲惨な体験をしたためにその体験を語ることもなく口を閉ざしてきましたが、そのうちに「自分は生かされたんだ。」という風に考えが変わったそうです。

また、戦争の体験談を聞いた子供から「なぜ戦争に行くことを断れなかったのか。」という質問を受けたのをきっかけに、自分たちの体験を語ることの大切さ、戦争の悲惨さを伝えることの必要を切実に感じたとのことでした。

今自分が生きている平和な時代は、自分の父母、祖父母、さらにその祖先の犠牲の上にうえに成り立ち、今も多くの人々の努力によっていることを自覚しなければと思いました。

 

お昼ご飯を食べにカフェくるくまへ。

P3200435 

海を見下ろす高台にあります。

食事はアジアンハーブを使ったタイ料理がメイン。

食事は建物内のテーブル、カフェは外のテラス席利用と分けられています。

にゃひみきは辛くない”ソフトシェルとターメリックライス”を注文したのですが、写真を撮り忘れました~sad

にゃひどらさんはタイ風カレー。

辛かったようで、汗と鼻水出しながら食べていましたcoldsweats01

P3200437

 

食事の後はテラス席に出てお茶。

マンゴーの黄色が青い海に映えますね!

P3200443

P3200445

P3200439

 

遅めの昼食を取った後、ホテルへ向かいました。

今回はさまざまな特典がついているエグゼクティブルームを予約。

同じようなクラスの部屋を近くのザ・ブセナテラスとも比較したのですが、さんざん迷った末マリオットにしました。

ブセナテラスは設備が豪華で、リゾートの景観が美しいのですが、宿泊料金が三泊で5~6万ほど違うんです。

 

エグゼクティブルーム宿泊者にはバレーパーキングのサービスがありました。

荷物を車から下ろすと駐車はホテル側におまかせ、私達はそのまま14階エグゼクティブフロアのフロントへ向かいそこでチェックイン。

14、15階はエグゼクティブルーム宿泊者のみアクセスできるようになっています。

 

私達がチェックインしたとき、ちょうど11階のスイートルームが空いていたため料金変更なしにアップグレードしてくれました。

部屋が広く、角部屋なので眺めがよい、またエグゼクティブルーム宿泊者の特典はそのまま利用できるとのことでした。

 

そのお部屋です。

両開きのドアの前にはマットが敷かれ、無装飾の他のドアとは違い特別な飾りが・・・

P3210530

 

リビングルーム。

P3200446

P3200452  

書き物机の他にダイニングテーブルもあります。

P3200449

P3200450

 

ミニバー。

冷蔵庫の外に出ているミネラルウォーター、コーヒー、紅茶類はフリーです。

P3200451

 

リビングルームのバルコニーから見える風景。

P3220539

P3220545

P3220546    

 

続いてベッドルームへ。

P3200459

P3220612

P3200458

P3200460

 

ベッドサイドのバルコニー。ザ・ブセナテラスやブセナ海中公園が見えます。

P3200464

P3220541

P3220542

P3220543

写真取り忘れましたが、ベッドルームにはウォークインクローゼットがついていて収納もたっぷりでした。

 

解放感あふれるバスルーム。

P3220615_2

P3220618

P3200461

P3200462

 

トイレはバスルームのものとリビングルーム横のものとふたつついています。

P3200453

P3200454

リビングルーム横のトイレは窓際にあってとても眺めがよいのですが、うっかりカーテン開けっ放しにして用を足すと、運悪く上の階のバルコニーにいる人と目が合ったりするのでご用心coldsweats02

 

すっかり陽も落ちてきたので14階にあるバーのカクテルタイムを利用することにしました。

エグゼクティブフロア宿泊者のみが利用できるバーなので、無料にもかかわらず混んでいなかったし、おつまみは御覧の通りひととおり揃っていてよかったですよheart04

お酒はビール、ワインの他、焼酎、その他自分でカクテルを作る用のアルコールやジュースなどが置いてありました。

P3200465

 

この後にゃひみきはそれほどお腹がすいていなかったので夕食をスキップ。

にゃひどらさんはルームサービスでパスタを頼んでいました。

ちょっと食べてみましたが、アルデンテで野菜の歯ごたえがコリコリしっかりしていて美味しかったです。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年8月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ